はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

シルデナフィルが使われている通販商品

シルデナフィルの働き

勃起不全(ED)の治療に使われる薬です。

シルデナフィルは、世界で初めて勃起不全(ED)を改善する効果が認められた成分です。挿入前に萎えてしまったり、挿入後に中折れしてしまうといった勃起不全の症状を解消します。

勃起不全の原因は、加齢、生活習慣の乱れ、ストレス過多など様々ありますが、陰茎周辺の血流不足が直接的な素因となります。陰茎周辺の血流を促進して勃起の硬さを引き出すシルデナフィルの効果によって、勃起不全の症状は改善されます。

シルデナフィルは、服用から30分~5時間にわたって勃起をサポートします。シルデナフィルは、神経に働きかけて強制的に勃起を促す薬ではありません。シルデナフィルが作用している状態であっても、射精などをキッカケに性的興奮が鎮まれば、時間の経過に伴って勃起は収まります。

シルデナフィルの開発・研究は狭心症の治療を目的としてスタートしましたが、思ったような成果が得られませんでした。製造メーカーであるファイザー社は開発を中断し、対象となった患者に余ったシルデナフィル錠の返却を求めましたが、患者の多くはシルデナフィル錠の返却を渋りました。
シルデナフィル錠の返却を渋る理由についてヒアリングしたところ、多くの患者が服用前に比べて勃起機能の改善を実感していることが判明しました。シルデナフィルは改めて勃起不全の治療を目的に開発・研究し直され、世界初となるED治療薬としてバイアグラが誕生することになります。

内服するだけで勃起不全を改善できるシルデナフィルは、陰茎への薬剤注射や、カウンセリングなどが主流だった従来のED治療に革命を起こしたとして注目を集めました。バルデナフィルやタダラフィルといった類似成分が開発された現在でも、シルデナフィルはスタンダードなED治療薬として支持されています。

シルデナフィルの作用機序

シルデナフィルが作用するイメージ

シルデナフィルは、陰茎の血管を弛緩させて勃起を促す環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質を分解する、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素の働きを抑える成分です。

勃起の硬さは、陰茎周辺の血管を拡張させるcGMPと、それを分解するPDE5がバランス良く働くことで調節されています。性的刺激により脳が興奮すると陰茎周辺の血管内でcGMPが生産される量が増えます。一方、脳の興奮が収まるとPDE5の生産量が増えます。勃起不全とは、cGMPの分泌量が低下することによりPDE5の働きが相対的に勝り、勃起の硬さや持続力が低下した状態です。

シルデナフィルがPDE5の働きを阻害すると血液中におけるcGMPの濃度が高くなり、陰茎に血液を流し込む動脈や血液を溜め込む海綿体が弛緩します。シルデナフィルの働きで血管が拡張すると、海綿体への血流量が増加して、勃起の硬さや持続力が改善されます。

シルデナフィルの臨床試験

EDに対するシルデナフィルの効果は、EDを発症して3ヶ月が経過した患者に対して実施されたシルデナフィルの臨床試験で確かめられています。臨床試験では、シルデナフィルの配合量により25mg錠・50mg錠・100mg錠と3種類の錠剤が使用されました。

シルデナフィルの臨床試験における用量別のED改善率グラフ

勃起不全が改善した割合は、シルデナフィルを25mg配合した錠剤を使用したグループが58%、シルデナフィルを50mgまたは100mg配合した錠剤を使用したグループでは72%でした。全体にすると68%の患者に症状の改善が認められ、臨床試験で改善率に明確な違いがみられたのは、シルデナフィルを50mg含むものまでということが確認されました。

日本人がシルデナフィル錠を服用する場合の一般的な用量は25~50mgとなっています。シルデナフィル25mg錠よりも50mg錠の方が、より高い効果を得られます。

シルデナフィルが配合されているED治療・勃起の薬
先発薬:バイアグラ(ファイザー)
後発薬:カマグラ(アジャンタファーマ)
後発薬:カマグラゴールド(アジャンタファーマ)
後発薬:カマグラチュアブル(アジャンタファーマ)
後発薬:カマグラ発泡錠(アジャンタファーマ)
後発薬:カマグラオーラルゼリー(アジャンタファーマ)
後発薬:カベルタ(ランバクシー)
後発薬:ゼネグラ(アルケムラボラトリーズ)
後発薬:シラグラ(シプラ)
後発薬:スハグラ(シプラ)

シルデナフィルの副作用

シルデナフィルの副作用で最も多く確認されているのは、ほてり(熱感)や頭痛です。その他の副作用では、鼻づまりや動悸、胸焼け、消化不良などが確認されています。いずれの症状も、血管を拡張させて血流を良くする効果に伴ってあらわれる軽度かつ一時的な症状です。

シルデナフィルは、血管を収縮させるPDE5という酵素の働きを阻害することで血流を促進します。PDE5は主に陰茎周辺に存在しますが、頭部や食道といった副作用が発症する部位でも生産されています。ほとんどの症状はシルデナフィルの分解が進むにつれて軽快します。そのため、仮に発症したとしても過剰に心配する必要はありません。

シルデナフィルと関連する成分
バルデナフィル
バルデナフィルは、勃起を萎えさせる酵素の働きを阻害するPDE5阻害剤と呼ばれており、陰茎の血流を促進して勃起不全を解消する働きをします。類似薬と比べて、即効性に優れている特性があります。
タダラフィル
タダラフィルは、陰茎の血管を拡張させて勃起をサポートします。従来の類似成分に比べて効果が持続する時間が長く、36時間にわたって作用し続ける特性があります。
アバナフィル
アバナフィルは、陰茎周辺の血行不良を招く酵素の働きを阻害し、勃起不全を改善します。基本的に従来の勃起不全治療薬と似た働きをしますが、比較的新しいED治療薬に使われています。
ウデナフィル
ウデナフィルは、性交時における陰茎周辺の血行不良を解消します。従来の勃起不全治療の薬と同じ働きをするPDE5阻害剤ですが、新しいED薬に使用されており、商品数はまだ多くありません。
 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。