はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

タダラフィルが使われている通販商品

タダラフィルの働き

勃起不全(ED)の治療に使われる薬です。

EDは加齢や生活習慣の乱れなどによる陰茎周辺の血流不足が引き金になり発症します。タダラフィルは、陰茎周辺の血管を拡張させて勃起に欠かせない海綿体への血流を促進します。勃起はするが硬さが足りない、挿入前または挿入中に勃起が萎えてしまうといった勃起不全の症状にタダラフィルは効果的です。

勃起をサポートするタダラフィルの効果は、服用してから36時間にわたって持続します。シルデナフィルやバルデナフィルといった他の類似成分に比べて30時間ほど効果が長く持続し、食事の影響をほとんど受けません。
効果の残り時間を気にすることなく性交に臨めることや、食事のタイミングを気にせず服用できる実用性の高さはタダラフィルが持つ一番の魅力と言えます。

服用から1時間ほどすると、タダラフィルが効き始めます。血液中に取り込まれた薬剤の割合(血中濃度)が高くなるほどタダラフィルの効果は強くなり、ピークを迎えるのは服用から3時間後になります。

タダラフィルの作用機序

タダラフィルが作用するイメージ

タダラフィルは、陰茎の血管内で生産され陰茎動脈や海綿体といった勃起に関わる血管を収縮させるホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素の働きを抑えます。PDE5は、血管を拡張させる環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質を分解します。
タダラフィルの働きによりcGMPを分解が阻害されることで、勃起の硬さや持続力が向上します。

脳が性的な興奮や刺激を受けることで勃起をします。性的刺激が信号として脳から陰茎に伝わると、周辺の血管内でcGMPが大量に生産され始めます。cGMPが大量に生産された結果、PDE5によるcGMPの分解が追いつかなくなり、陰茎動脈や海綿体など勃起に関わる血管の筋肉が弛緩します。
タダラフィルのPDE5の働きを阻害するとcGMPは更に分解されづらくなり、勃起をしやすくなります。

脳の興奮が収まり陰茎へと送られる性的刺激が鎮まると、勃起を収めるためにcGMPを分解するPDE5が大量に生産されます。PDE5の増加に伴ってcGMPの量は減っていくため、徐々に陰茎の血管が収縮し始めて勃起は萎えます。ここでもタダラフィルはPDE5の働きを抑え続けているため、cGMPの分解が緩やかになり勃起の硬さが長く持続します。

タダラフィルの臨床試験

勃起不全を発症して3ヶ月以上が経過した成人男性を対象とした臨床試験でタダラフィルの効果は確認されています。
臨床試験で使用されたのは、タダラフィルの配合量が異なる5mg・10mg・20mgの錠剤と、成分を含んでいないプラセボ(偽薬)です。

タダラフィル錠と効果がないプラセボ錠とで服用するグループを分けて結果を比較したところ、性交を無事に終えられた患者の割合に明確な変化が認められました。

タダラフィルの臨床試験で性交を無事に終えた割合のグラフ

臨床試験前は、性交を無事に終えられる患者の割合が20%程度でした。
プラセボ錠を服用したグループが30%程度しか性交を無事に終えることができなかったのに対して、タダラフィル錠を服用したグループは最大70%程度まで性交を無事に終えた患者の割合が上昇しました。
性交を無事に終えた患者の割合が最も高かったのは、タダラフィルを20mg配合した錠剤を服用したグループだと68.4%、10mg錠だと64.6%、5mg錠だと51.4%でした。

タダラフィルが配合されているED治療薬
先発薬:シアリス(イーライリリー)
後発薬:メガリス(マクレオーズファーマ)
後発薬:タダシップ(シプラ)
後発薬:タダリスSX(アジャンタファーマ)
後発薬:フォーゼスト(ランバクシー)
後発薬:タドラ(ジャーマンレメディーズ)
後発薬:ビダリスタ(センチュリオンラボラトリーズ)
後発薬:ビダリスタチュアブル(センチュリオンラボラトリーズ)
後発薬:パルモプレス(シプラ)

タダラフィルの副作用

タダラフィルの代表的な副作用には、頭痛、ほてり、紅潮(あから顔)、下痢(消化不良)といった症状が報告されています。いずれの副作用も、タダラフィフィルの血管を拡張させる効果に伴う軽い症状です。最も多く確認されているタダラフィルの副作用は頭痛です。タダラフィルの効果によって拡張したこめかみ付近の動脈に、三叉神経という頭の中で最も大きな神経が圧迫されます。

頭痛以外にも、ほてり、紅潮、下痢といった症状がタダラフィルの主な副作用として報告されています。ほてりとは、全身の血流が促進されることでおこる体温の上昇です。紅潮は、顔面の血色が良くなることで発症します。下痢は、胃や腸といった消化管の働きが活発になることでおこります。

タダラフィルの副作用は、血液中に取り込まれた薬剤の濃度が必要以上に高くなることで発症します。血液中におけるダラフィルの濃度が薄まるにつれて大半の副作用は軽快します。

タダラフィルと関連する成分
シルデナフィル
シルデナフィルは、陰茎の血管を収縮させる酵素に作用して、勃起をしやすくします。最も古くから勃起不全の治療に用いられており、他の類似成分に比べて豊富な実績があります。
バルデナフィル
バルデナフィルは、勃起を萎えさせる酵素の働きを阻害するPDE5阻害剤と呼ばれており、陰茎の血流を促進して勃起不全を解消する働きをします。類似薬と比べて、即効性に優れている特性があります。
アバナフィル
アバナフィルは、陰茎周辺の血行不良を招く酵素の働きを阻害し、勃起不全を改善します。基本的に従来の勃起不全治療薬と似た働きをしますが、比較的新しいED治療薬に使われています。
ウデナフィル
ウデナフィルは、性交時における陰茎周辺の血行不良を解消します。従来の勃起不全治療の薬と同じ働きをするPDE5阻害剤ですが、新しいED薬に使用されており、商品数はまだ多くありません。
 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。