はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

バルデナフィルが使われている通販商品

バルデナフィルの働き

勃起不全(ED)の治療に使われる薬です。

勃起不全は、加齢に伴う動脈硬化やストレス過多などによる陰茎周辺の血流不足がキッカケとなって発症します。
バルデナフィルは、勃起に欠かせない陰茎周辺の血流を促進させる効果があります。バルデナフィルの効果によって、勃起しない、十分な硬さが得られない、中折れしてしまうといったEDの症状は改善されます。

バルデナフィルは、服用してから最短15分ほどで効き始める即効性に優れた薬です。同じ即効型の類似成分であるシルデナフィルよりも更に素早く効き始めます。
バルデナフィルの効果が持続する時間の長さは、服用1回あたりの用量によって異なります。バルデナフィル10mgを服用した場合だと5時間、バルデナフィル20mgを服用した場合だと8時間ほど効果が持続します。

バルデナフィルは性的興奮や刺激によって効果が発現し、勃起をサポートします。神経に働きかける催淫効果はないため、自分の意志に反して強制的に勃起してしまう心配はありません。性的な興奮状態が静まれば、自然と勃起も治まります。

バルデナフィルの作用機序

バルデナフィルが作用するイメージ

バルデナフィルは、血管を拡張させる環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質を壊すホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素の働きを抑えます。
勃起不全とは、陰茎周辺の血管が拡張しづらくなり、勃起に欠かせない海綿体への十分な量の血流が流れ込まなくなる疾患です。バルデナフィルがPDE5の働きをブロックするとcGMPによる血管拡張が起こりやすくなり、海綿体への十分な量の血流が流れ込むようになります。

脳が性的な興奮状態になると、陰茎に信号が伝わり周辺の血管内でcGMPの生産量が増えます。cGMPが大量に産生されるとPDE5による分解が追いつかなくなり、陰茎周辺の血管は徐々に拡張し勃起が完成します。
PDE5の働きはバルデナフィルによって抑えられているため、cGMPの濃度が更に高まりやすくなり勃起しやすい状態になります。

射精などにより性的興奮が鎮まると、勃起を収めるためにPDE5の量が増え始め、陰茎の血管内におけるcGMPの濃度は徐々に薄まっていき元の状態に戻ります。バルデナフィルの働きによってcGMPが分解される速度が遅くなるため、通常よりも勃起が萎えづらい状態になります。

バルデナフィルの臨床試験

勃起不全に対するバルデナフィルの有効性は、発症した患者に対して実施された臨床試験で認められたものです。
臨床試験は、効果のないプラセボとバルデナフィル5mg錠・10mg錠・20mg錠とで服用するグループを4つに分けて行われました。
臨床試験の結果、プラセボを服用したグループに比べてバルデナフィル錠を服用したグループの方が、「膣内への挿入に成功した頻度」や「膣内挿入後に勃起を維持できた頻度」が多く増加しました。
良好な結果が認められたのは、バルデナフィル20mg錠と10mg錠を服用したグループです。

バルデナフィルの臨床試験における用量別のED改善率グラフ

膣内への挿入に成功した標準的な頻度は、服用前が3~4回程度だったのに対して、服用後は7~8回程度に増加しています。膣内挿入後に勃起を維持できた標準的な頻度は、服用前が1~2回程度だったのに対して、服用後は7回程度に増加しています。

バルデナフィルの配合量に応じた勃起不全の改善率を検証する試験では、5mg錠で73.1%、10mg錠で85.3%、20mg錠で86.4%という結果が示されています。有効成分を含まないプラセボの改善率は35.2%でした。
プラセボとの比較によってEDに対する明確な改善効果が認められ、バルデナフィルの有効性は実証されました。

バルデナフィルが配合されているED治療・勃起の薬
先発薬:レビトラ(バイエル)
先発薬:レビトラOD錠(バイエル)
後発薬:バリフ(アジャンタファーマ)
後発薬:ビリトラ(センチュリオンラボラトリーズ)
後発薬:ジェビトラ(サンライズレメディーズ)

バルデナフィルの副作用

バルデナフィルの代表的な副作用として、ほてりや頭痛、鼻づまり、動悸などが報告されています。いずれも血管を拡張させるバルデナフィルの効果の発現に伴う症状で、大半が性交の妨げにならない軽度かつ一時的なものです。

最も多く報告されているバルデナフィルの副作用はほてりです。血流が促進されることによって、一時的に体温が上昇します。次いで多く報告されている頭痛は、こめかみ辺りにある神経がバルデナフィルの拡張した血管に刺激されることで発症します。鼻づまりは鼻腔内の毛細血管が、動悸は心臓周辺の血管が拡張することによって発症します。

上記のような副作用が発症したとしても、大半がバルデナフィルの分解が進むにつれて徐々に軽快します。

バルデナフィルと関連する成分
シルデナフィル
シルデナフィルは、陰茎の血管を収縮させる酵素に作用して、勃起をしやすくします。最も古くから勃起不全の治療に用いられており、他の類似成分に比べて豊富な実績があります。
タダラフィル
タダラフィルは、陰茎の血管を拡張させて勃起をサポートします。従来の類似成分に比べて効果が持続する時間が長く、36時間にわたって作用し続ける特性があります。
アバナフィル
アバナフィルは、陰茎周辺の血行不良を招く酵素の働きを阻害し、勃起不全を改善します。基本的に従来の勃起不全治療薬と似た働きをしますが、比較的新しいED治療薬に使われています。
ウデナフィル
ウデナフィルは、性交時における陰茎周辺の血行不良を解消します。従来の勃起不全治療の薬と同じ働きをするPDE5阻害剤ですが、新しいED薬に使用されており、商品数はまだ多くありません。
 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。