はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

勃起不全(ED)が3分でよくわかる疾患ガイド

勃起不全(ED)とは?

勃起不全(ぼっきふぜん)とは?

勃起不全とは、十分な勃起の硬さが得られない、または硬さを維持できないことによって、性交で満足な結果が得られなくなる疾患です。勃起障害とも言います。英語での正式名称は、Erectile Dysfunction(エレクトル・ディスファンクション)と言います。病名の頭文字を略したED(イーディー)という呼び名が一般的に用いられています。

日本国内における勃起不全を発症した男性の数は1,130万人にのぼると推計されています。割合の多くを占めるのは40~70歳の中高年や高齢者ですが、30代以下の若い男性にもEDは起こり得ます。性生活における深刻な悩みの元になる勃起不全ですが、男性ならば誰にでも起こり得る一般的な疾患です。

ED治療・勃起の薬で勃起不全の症状は改善されます。

勃たないだけではない!勃起不全(ED)の代表的な症状

勃起できないなど勃起不全(ED)の症状チェックリスト

勃起不全は、性的刺激を受けたにも関わらず陰茎が正常に勃起しない性機能の障害です。
通常、性的刺激を脳が受信した後で神経を介して陰茎に伝達し、陰茎海綿体や動脈が拡張することによって勃起は成立します。勃起に関わる血管や神経が正常に働かなくなると、陰茎海綿体に十分な血液が流れ込みづらくなります。その結果、十分な勃起の硬さが得られなくなり、以下のような勃起不全の症状があらわれます。

  • 理由なく、一切勃起ができない
  • 勃起はするものの、長く続かない
  • 常に勃起できるとは限らない
  • 勃起しても、硬さが足りず、挿入しづらい
  • 挿入できたとしても、途中で萎えてしまう

これらの症状が認められる頻度が多くなるほど、勃起不全の重症度は高くなります。ごく稀かつ一時的なものであっても、上記の症状を経験されたことがある方は勃起不全を発症している可能性があります。

自慰や起床時などでは問題なく勃起する場合であっても、性交時に勃起しないまたは硬さが持続しなければ勃起不全の症状に含まれます。
自転車のサドルに接触する領域(臀部や陰部の間)にしびれを感じる場合や、脚の筋肉が痙攣を起こすが休めばすぐに回復するといった症状も警戒すべきEDの兆候とされています。

勃起不全を改善する第一歩はED薬による診断的治療

勃起不全(ED)の治療薬の種類と特徴、ED改善率のグラフ

最も一般的な治療法は、バイアグラに代表されるED薬の経口内服です。PDE5という酵素の勃起を鎮める働きを阻害するため、ED薬はPDE5阻害薬とも呼ばれています。いずれのED治療薬も陰茎周辺の血管を拡張させる効果により、性交時における自発的な勃起をサポートします。

圧倒的な治療実績があるバイアグラ以外にも、即効性に優れているレビトラや、長時間効果が持続するシアリスといった薬が利用されるケースもあります。基本的にどのED薬も性交の1時間前までに服用すれば効果が得られるため使いやすく、数ある治療法の中でも最も多く選択されています。

ED治療薬大半の勃起不全に有効であるため、原因不明な場合を含み診断的な治療を目的として利用されます。そして症状の改善が認められたら、そのまま服用を継続するケースが一般的です。依存性などはないため、勃起不全の治癒が認められた場合は簡単に服用を中止できます。

最も一般的な治療法は陰茎周辺の血流を促進するED薬の服用です。

勃起不全の代表的な治療法は、症状に有効な薬剤(ED薬)の投与と器具を使った方法の2種類です。いずれの治療法も勃起不全への有効性は認められていますが、選択される頻度には明確な差があります。

「性交時にきちんと勃起しないことがたびたび起こる」「勃起しても挿入まではいかない」このような症状が見られる場合は、勃起不全の可能性があります。勃起不全が起こる原因は様々ですが、発症の直接的な引き金になるのは勃起に欠かせない陰茎への血流不足です。
勃起不全の症状改善では、陰茎周辺の血管を拡張させるバイアグラに代表されるED治療薬が優先的に使用されています。

陰茎海綿体への血管拡張剤の注射

勃起不全の薬物療法には、プロスタグランジンという血管拡張剤を陰茎海綿体に直接注射するという方法もあります。先の述べたED治療薬に劣らない有効性が認められていますが、大半の勃起不全は薬で改善できるため選択されるケースは極めて稀です。

勃起を補助する器具を利用した治療法。

薬物療法以外の選択肢は、絞扼リングや陰圧式の勃起補助具など器具を使った治療法です。絞扼リングは勃起が起こると同時に弾性リングを陰茎の根元にはめ込み、血流速度を適度にコントロール、硬い陰茎の持続を図ります。勃起できない場合は、陰圧式の勃起補助道具を陰茎に装着し、勃起をアシストする方法が有効です。
器具を使った治療方法の難点は、陰茎に傷を残す恐れがあることです。また、器具に頼るため、薬物療法のように自発的な勃起や勃起の維持は期待できません。

勃起不全が発症する主な原因は加齢と生活習慣

勃起不全は、陰茎の血管障害、あるいは神経異常によってもたらされることが大半です。
勃起不全の症状は、ある日を境にから正常に勃起できなくなる後天的なものと、生まれつき性器の形や勃起機能に異常がある先天的なものがあります。圧倒的に多いのが後天的なEDの症状で、主な原因は以下の通りです。どれかひとつでも該当するものがあれば、勃起不全を発症する可能性は否定できません。

  • 加齢
  • 糖尿病
  • 肥満と運動不足
  • 心血管疾患および高血圧
  • 喫煙
  • 慢性腎臓病と下部尿路症状
  • 神経疾患
  • 外傷および手術
  • 心理的な要素や精神疾患

陰茎海綿体の動脈が拡張しないのは血管障害が原因と考えられ、加齢による身体的な衰えが大きく関わっています。加齢以外にも、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病によって血管障害はもたらされます。性欲や血行を維持するために欠かせないテストステロン(男性ホルモン)の分泌量は、加齢に伴って減少する傾向があります。高血圧の治療に使用される降圧剤なども原因の一つとして考えられます。

血管障害が起こりにくい若い方でも、ストレスや自信喪失、性交に対する過度の不安といった精神的な要因によって勃起不全が発症することがあります。精神疾患を抱えている方の場合、抗うつ剤による性欲の減退などがEDの原因になる可能性も否定できません。

勃起不全の原因は多岐にわたり、問診などだけでは完全に特定することは困難です。
先に述べたED治療薬による診断的な治療が多く選択される背景には、こうした勃起不全の特性が深く関係していると考えられています。

好ましくない生活習慣を見直して勃起不全の悪化を予防

勃起不全の悪化を予防するには、血管や精神に過度なストレスをかける好ましくない生活習慣を見直すことが重要です。運動不足、暴飲暴食、喫煙、睡眠不足は、勃起不全の悪化を促す代表的な生活習慣として知られています。とはいっても、日常生活における習慣を急激に変化させると逆効果になりかねません。自らの状態に応じた無理のない改善から始めましょう。
先に紹介した内服薬の治療と並行して生活習慣を見直せば、勃起不全の効率的な改善につながります。

運動不足による血行不良や肥満の改善には、筋肉量の多い下半身を中心に鍛えるのが効果的です。日常生活において短い距離でも普段よりも多く歩くよう心がけるなど、なるべく継続しやすいことから始めましょう。ある程度の負荷に耐えられる体力がある方は、スクワットなどを併せて行うと一般的です。

お酒を飲み過ぎを自覚している方であれば、飲酒の頻度を減らすのではなく、アルコール度数や1回あたりの量の減らすと効果的です。喫煙する習慣がある方は、我慢できる範囲で本数を減らすことから始めましょう。

就寝前の飲酒や食事、喫煙は、眠りを浅くして勃起不全を悪化させる要因になり得ます。勃起機能を維持するためのメンテナンス機能である夜間陰茎勃起現象は、深い眠りの時に起こるとされています。就寝前3時間以内の飲酒や食事が避けられない場合は、極少量までに留めましょう。

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。