バイアグラ50mg
バイアグラ50mg:4錠
6,480円

はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

バイアグラの副作用「頭痛、ほてり、鼻づまり」について

バイアグラの主な副作用

<主な副作用>
ほてり、潮紅(あから顔)、頭痛、口の渇き、鼻づまり、胸焼け、消化不良、下痢、動悸、眠気など。

主な副作用は、血行を促進する効果の発現に伴う軽度かつ一時的な症状です。

バイアグラは、陰茎周辺の血行を促進することで勃起不全の症状を改善する治療薬です。血行を促進する効果は、頭部や食道や胃腸といった消化管など陰茎以外にも僅かながらあらわれます。これは有効成分シルデナフィルの血管を拡張させる働きによるものです。
バイアグラの主な副作用は、血管を拡張させる有効成分の働きに伴って発症します。

代表的な副作用は頭痛とほてり

バイアグラの副作用の中でも取分け多く確認されているのが頭痛です。臨床試験では10%程度の頻度で発現することが確認されていますが、一時的かつ軽度な症状であることもわかっています。こめかみ付近にある血管が有効成分の働きによって拡張すると、三叉神経が刺激され頭痛がおこります。

バイアグラを飲んで頭痛の症状が現れた場合も、性交の妨げにならない程度の軽い症状ではありますが、わずらわしいと感じるようであれば市販の頭痛薬を併用することで対処できます。

頭痛に次いで多く確認されている副作用は、顔が熱っぽくなる「ほてり」と、それに伴なって顔が赤くなる「紅潮」です。
ほてりと紅潮の発生頻度は、2つを合せて頭痛と同程度です。ほてりや紅潮は、拡張した頬の毛細血管に血液が流れ込むことでおこります。いずれも頭痛と同様にバイアグラの効果発現に伴う軽度な症状です。

1%未満の頻度で発現するその他の副作用

バイアグラの臨床試験では、口の渇き、鼻づまり、胸焼け、消化不良、下痢、動悸、眠気などの症状も確認されています。それぞれの発生頻度は1%未満です。

口の渇きや鼻づまりなど顔に発症する副作用は、頭痛やほてりと同様に患部の血流が促進されることでおこります。また、胸焼けや消化不良、下痢などの副作用は、食道・胃・腸といった消化管の働きが活発になることで発症します。頭痛やほてりと同じく、いずれの副作用も軽度かつ一時的な症状であることが確認されています。

有効成分の分解が進むにつれてバイアグラの副作用は軽快する

副作用が発症したタイミングから5時間以内に消失することがほとんどです。

バイアグラの副作用は、有効成分の血管拡張作用によるものが大半です。そのため、仮に副作用が発症したとしても、有効成分の分解が進むにつれて症状は治まります。

バイアグラの副作用は、発症してから軽快するまで、常に一定の強さで発現するわけではありません。仮に発症したとしても、有効成分の分解が進むにつれて症状も徐々に軽くなっていきます。バイアグラの有効成分の血中濃度は服用から3時間半で半減するため、それに伴って副作用も軽快します。

バイアグラの有効成分は、服用から5時間ほどで大部分が分解され、徐々に作用しなくなります。つまり、バイアグラの副作用が発症したとしても、服用してから5時間以内に消失する場合がほとんどです。

バイアグラと相性が悪い食品・薬・持病を把握して副作用を回避

発生することは極めてまれですが、バイアグラの副作用には急激な血圧低下や皮膚に起こるアレルギー反応など危険性の高い症状がおこる可能性があります。こうした副作用を回避するためには、バイアグラと相性の悪い食品や薬、持病を事前に把握しておくことが大切です。

バイアグラと相性の悪い食べ物と飲み物。

グレープフルーツの果肉や果汁には、バイアグラの有効成分の分解を遅らせるフラクノマリン酸という成分が含まれています。そのため、グレープフルーツとの食べ合わせはもちろん、グレープフルーツの果肉や果汁を含むジュースやアルコール類といった飲み物との飲み合わせは控えましょう。有効成分の血中濃度が必要以上に高くなり副作用がおこりやすくなります。

温州みかん、ゆず、ネーブル、デコポン、バレンシアオレンジにはフラクノマリン酸が含まれていません。バイアグラの服用前後に柑橘系の食べ物や飲み物を摂取する場合は、フラクノマリン酸を含まないものにしましょう。

バイアグラと相互作用をおこす可能性がある薬。

バイアグラの臨床試験では、相互作用を招く可能性のある薬が確認されています。次に紹介する薬とバイアグラを併用する際は、事前に医師への相談を行いましょう。

  • 抗ウイルス薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビルなど)
  • 抗菌薬(エリスロマイシンなど)
  • 抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾールなど)
  • 胃潰瘍(シメチジンなど)
  • 高血圧症、狭心症の薬(アムロジピン、ドキサゾシンなど)
  • 心不全の薬(カルペリチドなど)

バイアグラの服用が禁止されている体質と病気。

次に紹介する体質や持病をお持ちの方がバイアグラを服用すると、重篤な副作用がおこる可能性があります。次の項目に該当する方は、バイアグラを使用することはできません。

  • バイアグラの成分に対して過敏症がある方
  • 心血管系の障害を患っており、性行為を控えるよう指導を受けている方
  • 半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の病歴がある方
  • 重い肝臓病を患っている方
  • 低血圧や高血圧の方
  • 網膜色素変性症患
 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。