はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

サビトラ

サバメディカ 3,880円 4,280円

取扱いなし。この商品の取り扱いはありません。 ED治療・勃起の薬 から、ほかの商品を探してください。

取扱いなし。この商品の取り扱いはありません。 ED治療・勃起の薬 から、ほかの商品を探してください。

サビトラには10mgと20mgがあります。

10mg
20mg

サビトラ10mg:10錠

この商品は現在お取扱いがございません。

サビトラ20mg:10錠

この商品は現在お取扱いがございません。
商品の写真はありません
商品の写真はありません

サビトラの概要

レビトラジェネリックの中で唯一の10mg錠があります
サビトラ10mg錠は初めてED治療薬を使用する方に適しています。
効果の得られ方によって20mgまで増量調整することができます。

サビトラの適応症

サビトラの成分

サビトラは、EDの治療に使われるバルデナフィルを有効成分としたレビトラのジェネリックです。10mg錠と20mg錠があり、成分含量も同じですので、レビトラと同程度の勃起不全を改善する効果が期待できます。Sava Medica(サバメディカ)社から製造販売されています。

サビトラの特徴

サビトラはED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。有効成分バルデナフィルの働きによって、性的に興奮しても勃起しない、中折れする、勃起の硬さが足りないといったEDの症状をサビトラは解消します。

サビトラには、有効成分の含有量が異なる10mg錠と20mg錠が存在します。この点においてもレビトラとまったく同じですので、よりレビトラに近いジェネリックであると言えます。
レビトラジェネリックの中で10mgの規格があるのはサビトラだけです。
日本人を対象としたバルデナフィルの臨床試験から、10mgと20mgには有効率に大きな差は確認されませんでした。成分量の少ないサビトラ10mg錠でも十分なED治療効果が期待できます。

初めての方はサビトラ10mgをご使用ください。

サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、10mgで85.3%の勃起機能改善率を有しています。サビトラの効果が発揮されるのは服用からおよそ15分経ってからで、5時間後まで効果が持続します。

成分量が控えめなサビトラ10mgは初めてED治療薬を使用する方に適しています。
薬の効き方には個人差があります。自分の体質に合った用量が分からない場合は少ない用量から服用し始めることが大切です。
初めてサビトラを使用する方は10mgから飲み始めてください。十分な効果が得られない場合は、1回の服用量を2錠(バルデナフィル20mg)に増やすことも可能です。もちろん、サビトラ10mgで満足な効果がある場合は、増量する必要はありません。

サビトラ20mgは高いED改善率を服用から8時間後まで実感できます。

サビトラ20mgには有効成分バルデナフィルが20mg含まれています。これは日本で承認を受けているバルデナフィルの最大用量にあたります。
バルデナフィルが日本で承認された際の推奨用量は10mgでした。しかし、バルデナフィル10mgでは十分に効果を発揮しないケースもあり、20mgまでの増量が認められています。

バルデナフィル20mgは臨床試験で86.4%のEDに対する有効率を示しています。バルデナフィルが20mg配合されているサビトラ20mgには同様の効き目が期待できます。
サビトラ20mgの効果は服用から15分程度経ってから発現し、8時間後まで持続します。効果が持続している間はEDの症状が解消されますので、勃起しやすくなります。

サビトラの効果

効能・効果
勃起不全
(1) 満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない男性に有効です。

サビトラは、勃起しない、勃起しても十分な硬さにならないなどの勃起不全の症状を解消します。
サビトラの効果が得られている間は、性的刺激によって陰茎が勃起しやすくなります。サビトラを服用しても性的な刺激を受けなければ勃起は起こりません。

サビトラの効果が発現するのは飲んでからおよそ15分後です。効果の持続時間は用量によって異なり、10mgは5時間、20mgは8時間効き続けます。

サビトラの飲み方(用量・用法)

下記の用量を守って、性交の1時間前に水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

用量・用法
1回の用量 10mg錠の場合 … 1〜2錠
20mg錠の場合 … 1錠
(バルデナフィルとして20mg)
1日の服用回数 1回まで
服用間隔 必ず24時間空けること
服用のタイミング 性交の1時間前

サビトラは性交の15分前までに服用すれば十分なED改善効果が期待できます。
食後に服用する場合は、標準的な食事(700kcal以下脂質30%)にすることでスムーズに有効成分を吸収することができます。

10mg錠からはじめて増量する飲み方。

サビトラは1回に20mgまで服用することができます。10mg錠で効果が不十分と感じた場合には、20mg(10mg錠×2錠)まで増量することができます。
1回の服用での用量の限度は20mgまでとなります。ご自身に合った適量を用量・用法を守って使いましょう。

サビトラの成分と働き

有効成分バルデナフィルが血管を拡張させる酵素の分解を阻止して勃起しやすい状態を作ります。

サビトラの有効成分バルデナフィルは、陰茎の血管を収縮させるホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害する作用があります。

PDE5には、性的刺激を受けると分泌される環状グアノシン一リン酸(cGMP)を分解する働きがあります。cGMPが血管を拡張させて、流れる血液の量が増大することでペニスは勃起します。PDE5によってcGMPを分解されると血管が元の大きさに戻るので勃起が収まります。
サビトラはPDE5の働きを阻害してcGMPが分解されるのを防ぐことで、勃起しやすい状態を維持します。

サビトラの副作用
<主な副作用>
ほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、消化不良、めまい、潮紅(あから顔)など。
サビトラの主な副作用は、ほてりや頭痛、動悸、鼻づまりです。いずれの副作用も軽度である場合が大半であり、血管を拡張するサビトラの作用に伴う一時的な症状です。上記に挙げたようなサビトラの副作用は服用後に必ず発症するものではありません。発現したとしても3〜4時間以内に軽快します。
サビトラの注意事項
<使用禁忌>
下記に該当する方は使用しないでください。
バルデナフィルに過敏症がある、不安定狭心症、不整脈、半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患っている、重度の肝障害および腎障害、網膜色素変性症、低血圧、高血圧
<使用注意>
下記に該当する方は使用前に医師に相談してください。
高齢者(65歳以上)、未成年、女性、陰茎の欠陥(折れ曲がり、海綿体の線維化など)、鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病、出血性疾患または消化性潰瘍、肝障害、テラゾシン、エリスロマイシン、ファンピシン、カルペリチドなどを服用中
<併用禁忌薬>
下記の薬品を服用中の方は使用前に医師に相談してください。
ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなどの血管拡張剤、キニジン、アミオダロンなどの抗不整脈の薬、リオシグアト、リトナビル、インジナビル、テラプレビル、イトラコナゾール

サビトラの評価

サビトラの口コミ評価はまだありません。

口コミを書く
口コミの正当性を保つため、商品をご購入して頂いた方に限り、投稿が可能となっております。
サイトにログインをして、購入履歴をお確かめのうえ、口コミ投稿をしてください。

男性用の薬カテゴリー

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。