レビトラ20mg錠 4入
レビトラ20mg錠 4入
5,880円

はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

レビトラの効果「すぐ効く即効性と成分量による持続時間」について

レビトラの効果・効能

効能・効果
勃起不全
(1) 満足な性交を行うに十分な勃起とその維持ができない男性に有効です。

レビトラには勃起不全(ED)の症状を解消して陰茎の勃起を補助する効果があります。レビトラ服用後の方が通常時の勃起よりも硬くて持続力がある勃起が得られますので、パートナーにとっても充実した性交が行えます。

ED治療薬の中でレビトラは最も早く効く

水に溶けやすい性質が有効成分の吸収を早めます。

レビトラは水に溶けやすい性質を持っています。水に溶けだすまでの時間が早ければ、それだけ有効成分の吸収が素早く行われるので、効果の発現も早まります。この性質から、レビトラはED治療薬の中でもっとも早く効く即効性があるとして知られています。

レビトラの溶解状況について、20mg錠を水温18℃の水道水に浸して調べたところ、1分30秒後には錠剤のコーティング部分が溶けて成分が見え始め、3分後には成分が完全に外に出て周りに広がり始めました。実際には水ではなく胃液で溶かされますので、より早く胃の中で溶けて成分が吸収されると考えられています。

80%以上の頻度で服用から15分以内に勃起機能が改善されました。

レビトラには有効成分バルデナフィルが含有されています。バルデナフィルの効果発現時間を検討するための試験を行ったところ、80%以上の頻度で服用15分以内に勃起機能が改善したと報告されています。

ED及び糖尿病を3年以上にわたって有している患者778名(20~64歳)を対象に、12週のあいだレビトラの有効成分バルデナフィルを10mg、20mgまたはプラセボ錠(成分を含まない偽薬)を性交の前に投与しました。
その結果として、バルデナフィル(レビトラ)を服用してから15分以内に挿入を試みた性交のうち80%以上の頻度でEDの改善が認められ、プラセボとの有意差もみられました。

早いケースだと服用から10分ほどで効果が現れる

他のED薬と比較してレビトラは一番早く効く

レビトラの効果は服用から15分で発現するとされていますが、人によっては服用から10分ほどで効果が現れることもあります。
他のED治療薬(バイアグラやシアリス)の効果が発現するまでにかかる時間は30~60分ですので、レビトラの即効性は他のED治療薬と比較しても優れていることが分かります。

硬くたくましい勃起をレビトラが実現させる

EDの症状を改善して陰茎の勃起が持続する状態を作ります。

ED(勃起不全)の具体的な症状として、性的に興奮しても勃起しない、勃起しても挿入できる硬さにならない、挿入できても勃起が持続できずに抜けてしまうなどが挙げられます。

陰茎は男性の象徴と称されることもある器官です。その象徴の機能が衰えることによるショックの大きさは想像にたやすく、EDは男性にとって重大な悩みに成りうる病気です。EDの原因の一つとして、不安やストレスなどの心因的な要因が考えられています。レビトラを使用して、性交に自信を持つことで、EDの素因となる不安やストレスを取り除くことができます。

性的な刺激と興奮によってレビトラの効果が発現

レビトラの効果は勃起を補助するものですので、服用しただけで勝手に勃起してしまうことはありません。健常な勃起には、性的な興奮が必要になります。もちろん、レビトラを飲んでいても、興奮がなくなれば勃起は自然と収まります。

ED治療薬に対する世間のイメージは誤解されていることが少なくありません。よくある勘違いは、ED治療薬には「催淫作用がある」「服用すると強制的に勃起する」といったものです。
レビトラの効果によって、性欲が急激に高まったり、自分の意志とは関係なく勃起してしまうことはありません。

レビトラはED治療薬の中で勃起の硬さも強力です。

レビトラは有効成分の含有量によって、5mg、10mg、20mgの規格が存在します。配合されている有効成分の量が増えれば、薬の効果も大きくなります。レビトラ20mg錠のED改善効果は、バイアグラ100mgに相当すると言われています。

レビトラ20mgの効果は、主なED治療薬の中でも最強だとされています。より硬くて持続力のある勃起を手に入れたい方には20mgが適しています。

有効成分の含有量によってレビトラの効果持続時間は違う

10mgと20mgではおよそ2時間ほど効果の持続時間に差があります。

レビトラに含まれている有効成分の配合量によって、効果の持続時間が異なります。成分量が多いほど、より長く効果が持続します。

レビトラ20mg
効果時間:およそ8時間(服用から45分~4時間は効果を強く実感できる)
レビトラ10mg
効果時間:およそ6時間(服用から45分~3時間は効果を強く実感できる)

薬の効果はずっと同じ強さが保持されるわけではありません。薬効の強さは有効成分の血中濃度に比例します。
レビトラに含まれている有効成分の血中濃度は服用から45分ほどで最高値(ピーク)となります。その後は緩やかに減少していきますので、薬効も45分後のピークから次第に弱くなっていきます。有効成分の血中濃度が上限に達してから半減するまでの間は、薬の効果時間の中でもより強く効果が実感できます。

食事によってレビトラの効果はあまり左右されない

従来のED治療薬の課題であった食事の影響が改善されています。

従来のED治療薬は食事の前後を避けて服用しなければ効果が弱くなったり、発現が遅れてしまうといった不都合がありました。食べた物に含まれている脂肪分が有効成分の吸収を阻害してしまうためです。

レビトラは従来のED治療薬と比べて食事に影響されにくいことが分かっています。
健康成人男性を対象に、標準的な食事(700kcal以下の食事かつ含まれている脂質が30%以下)を摂取した直後にレビトラ20mgを投与した場合、血中濃度の変化の仕方に有意差は認められませんでした。

空腹時は効果がスムーズに発揮されます。

レビトラが食事による影響を受けにくい性質を持っているとはいえ、胃の中に余計なものが入っていない状態の方が有効成分の吸収がスムーズに行われて薬効が素早く発現すると考えられます。効果の度合いも、食後よりも空腹時のほうが強く発揮するとされています。

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。