レビトラ20mg
レビトラ20mg:4錠
5,880円

はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

レビトラの飲み方「正しい服用方法と最適なタイミング」について

レビトラの飲み方(用量・用法)

下記の用量を守って、性交の1時間前に水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

用量・用法
1回の用量 10mg錠の場合 … 1~2錠
20mg錠の場合 … 1錠
(バルデナフィルとして20mg)
1日の服用回数 1回まで
服用間隔 必ず24時間空けること
服用のタイミング 性交の1時間前
レビトラの注意事項
<使用禁忌>
下記に該当する方は使用しないでください。
バルデナフィルに過敏症がある、不安定狭心症、不整脈、半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患っている、重度の肝障害および腎障害、網膜色素変性症、低血圧、高血圧
<使用注意>
下記に該当する方は使用前に医師に相談してください。
高齢者(65歳以上)、未成年、女性、陰茎の欠陥(折れ曲がり、海綿体の線維化など)、鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病、出血性疾患または消化性潰瘍、肝障害、テラゾシン、エリスロマイシン、ファンピシン、カルペリチドなどを服用中
<併用禁忌薬>
下記の薬品を服用中の方は使用前に医師に相談してください。
ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなどの血管拡張剤、キニジン、アミオダロンなどの抗不整脈の薬、リオシグアト、リトナビル、インジナビル、テラプレビル、イトラコナゾール

勃起不全(ED)治療薬であるレビトラは基本的な飲み方として、性交の前に水やぬるま湯で1錠服用します。効果が発現するまで平均15分ほどかかりますので、性交を行う15分前には飲むようにしてください。

レビトラは含有されている有効成分バルデナフィルの量によって、複数の規格が販売されています。どの規格であっても基本的な飲み方は同じです。

性交の1時間前に飲むと効き目が強く現れるタイミングを逃しません。

レビトラは15分で効果が発現しますが、性交の1時間前に飲むことが推奨されています。レビトラをタイミングよく飲むことで、より確実に効果を得るためです。
レビトラの有効成分バルデナフィルは飲んでから45分で血中濃度が最高となり、その後は緩やかに低下していきます。薬効はバルデナフィルの血中濃度に比例して強さが増減しますので、強い効き目が現れるのは飲んでから45分後以降になります。性交の1時間前に飲むことで、行為の開始時から薬効が強く効いている状態となりますので、不安なく性交が行えます。

続けて服用する場合は24時間の間隔をあけましょう。

レビトラは1度飲んだら次に飲むタイミングまで24時間は間隔をあける必要があります。24時間の服用間隔を守れば、連日摂取しても薬効が薄れたり副作用が強く出たりすることはありません。

レビトラは1日1回まで

レビトラの服用は1日1回までとなっています。
レビトラはもちろんのこと、医薬品には摂取できる上限量が定められており飲みすぎが制限されています。レビトラは1日1回の使用で十分にEDを改善する力がありますので、服用の際は用量・用法を守って飲むようにしてください。

効き目が強いと感じた場合は半錠でも効果があります。

レビトラを服用してみて効き目が強いと感じるのであれば、半錠で使用してください。レビトラの最大用量は20mgとなっていますが10mg、5mgでもED改善効果があることが確認されています。

食事に関連する飲み方と気を付けること

空腹時に飲めば薬効がより素早く発現します。

レビトラを空腹時に服用することで、有効成分バルデナフィルの吸収が素早く行われ、効果の発現も早くなります。

食事には多かれ少なかれ脂質が含まれています。脂質は腸の内壁に油の膜を張ってしまい、成分の吸収を邪魔してしまいます。
バルデナフィルは従来のED治療薬の有効成分と比べると食事による影響が少ないとされています。とはいえ、全く影響しないわけではありませんので、空腹時にレビトラを服用することが効果が一番早く現れる飲み方になります。

食前に服用する場合は服用後30分あけて食事をしてください。

レビトラを飲んでから有効成分が血中に取り込まれるまでには最低でも15分を要します。空腹時に服用しても、有効成分が吸収される前に食事をすると成分の吸収が損なわれてしまうことがあります。

レビトラを服用した後に食事をする場合は、服用してから30分程度の間隔をあけましょう。レビトラは水に溶けやすい性質から吸収が早く、服用30分後には有効成分の大半が血中に取り込まれますので、食事による影響をほとんど受けずに効き目が得られます。

食後に飲む場合は食事の内容を700kcal(脂質30%)以下にしてください。

レビトラは食後に飲む場合、食事の内容が標準的であれば空腹時と変わりなくED改善効果を発揮します。標準的な食事の基準は「エネルギーが700kcal未満かつ脂肪の割合が30%以下」です。この基準の範囲内であれば食後にレビトラを服用してもしっかりと効き目が現れます。

レビトラに関する食事の影響を調査したデータによると、健康な成人男性にバルデナフィル20mgを標準的な食事をとった直後に投与し、空腹時に服用したバルデナフィルの血中濃度の推移と比較しました。結果として、それらに有意差は認められなかったのでレビトラは標準的な食事による影響を受けないことがわかりました。

適度な飲酒はリラックスする効果があり勃起を助けます。

少量であればアルコールとレビトラの併用は問題ないとされています。しかし、アルコールの過剰摂取はEDを誘発したり、立ちくらみや起立性低血圧を引き起こす可能性がありますので、レビトラを使用する際の飲酒はほどほどにしておきましょう。

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。