シアリス20mg
シアリス20mg:4錠
8,480円

はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

シアリスの効果「効き目のピークと持続時間、用量による違い」について

シアリスの効果・効能

効能・効果
勃起不全
(1) 満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない男性に有効です。

シアリスは、挿入前に勃起が萎えてしまう、性交中に勃起が維持できないといった勃起不全(ED)を解消する治療薬です。陰茎周辺の血流を促進する効果で、勃起しやすく維持する補助をします。

勃起不全には「心因性」「器質性」「混合型」の3つのタイプがあります。どのタイプの勃起不全にもシアリスは高い有効性を発揮します。
勃起を補助するシアリスの効果は、服用してから最長で36時間持続します。効果の持続時間がとても長い特徴がありますので、性行為中に薬の効果が切れる心配がありません。
結果として、途中で勃起が萎えてしまう不安や、プレッシャーといった勃起不全の心因的な要因となる問題の根本的な解消も期待できます。

シアリスの効果は最長36時間持続

シアリスの驚異的な持続時間の長さは、有効成分タダラフィルが溶けにくい性質であることが関係しています。タダラフィルの成分吸収はとても緩やかで、時間をかけて効果が長く続くように作られています。
体内に吸収されたタダラフィルが分解され、成分の血中濃度が効果の発現に必要な水準に達した後も、ゆっくりと効果が衰えていきますので、シアリスは36時間という長い持続時間を実現しています。

シアリスは従来のED治療薬と比較して最も長く効き目が持続します。

36時間というシアリスの有効時間は、従来のED治療薬と比較して最も長い持続時間となっています。比較対象として、バイアグラやレビトラといったED治療薬が挙げられます。どちらもシアリスより先に開発されたED薬で、同様に勃起不全を解消する効果を持っています。従来より使われているバイアグラやレビトラの効果が続く時間は、服用からおよそ5~8時間となっています。単純に比較して、シアリスの効果は従来薬の4~7倍の時間持続します。

シアリスは36時間という効果時間がありますので、効果が切れるのを気にせずに性交を行えます。
従来のバイアグラやレビトラといった薬を使いづらいと感じていた方や、ED治療薬を使い慣れていない場合でも扱いやすくなっています。

シアリスは性的な刺激や興奮によって効果を発現します

シアリスの効果は、健常な勃起と同じく性的な興奮や刺激を受けなければ発現しません。飲んだだけで強制的に勃起してしまうことはありません。性的な感度を上げたり、性欲を増強させる催淫作用はありません。
陰茎の血流を整えて、勃起をしやすい状態にすることで、健常な勃起と同様に自然な反応や硬さが得られるED治療薬です。

シアリスの効き目のピークから効果がきれるまで

シアリスの効果がピークに達するまでと持続する時間

シアリスが効き始めるのは服用からおよそ1時間後です。

シアリスが効き始めるのは、服用後およそ1時間からです。シアリスの勃起を補助する効果は、血中の有効成分が一定の濃度を超えると発現します。つまり、成分が吸収されて効果を発現するまでにかかる時間は1時間が目安となります。

シアリスの効果のピークは服用からおよそ3時間後です。

成分の血中濃度は服用からおよそ3時間後に最高値(ピーク)となり、シアリスの効き目が最も強く現れます。
3時間後を境に、時間をかけて効果は緩やかになり、服用から14時間経過したあたりから効果は半減していきます。

成分含量によるシアリスの効果の違い

臨床試験でシアリスの効果、ED改善の有効性が検証されています。臨床試験は、3ヶ月以上にわたって343名の勃起不全患者が対象となりました。3ヶ月のあいだシアリスを飲んで性交を行い、その結果が集計されました。

臨床試験の結果「勃起して挿入できたか?」という質問に82.1%が成功したと答えて「最後まで性交を行えたか?」という質問に68.4%が最後まで行えたと答えました。
この結果から、シアリスの勃起不全に対する有効性が証明されました。

1錠に含まれる成分の量によってシアリスの有効性は異なります。

シアリスは、1錠に含まれるタダラフィルの成分量が異なる5mg、10mg、20mgの3種類が販売されています。臨床試験では、成分量による勃起不全の有効性が検証されています。

用量別にみるシアリスの効果

成分量が少ない5mg錠では72%改善、10mg錠および20mg錠では、ともに80%を超える改善率であったことから、シアリスは10mg以上の成分量が有効性が高いとされています。

10mg錠と20mg錠の持続性の検証では、どちらも36時間まで効果が持続することが確認され、このことから持続時間に差がないことがわかりました。

シアリスが効かないという場合

シアリスを長期的に使い続けても、耐性ができる(薬に慣れてしまう)などの理由で効かなくなるといった報告はありません。効き目が弱いと感じる場合は、以下のことが考えられます。

  • 効き始める前に性交をしている
  • 服用前後に高カロリーな食事をしている
  • お酒を大量に飲んでいる

シアリスの効果が発現する1時間を経過していない状態では、十分な効果が発揮されません。
服用前に脂っこい食事をすると、腸の内壁に油の膜ができてしまい、成分の吸収効率を損ないます。すると、効果の発現までに時間がかかってしまい、十分な効果が得られません。
お酒は適量であればシアリスの効果に影響しませんが、アルコールの多量摂取は勃起不全の素因となります。

上記のような心当たりがない場合には、少数ですが体質にシアリスが合っていないということも考えられます。そのような場合には、タダラフィル以外の成分を使用しているED治療薬を検討しましょう。

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。