バルトレックス500mg
バルトレックス500mg:10錠
3,980円

はじめての方ですか?無料新規登録
メニュー

バルトレックス

グラクソスミスクライン 3,980円 10,980円 4 (3)

在庫あり。今ご注文頂くと、7/29前後のお届けになります。

在庫あり。今ご注文頂くと、7/29前後のお届けになります。

バルトレックスには500mgと1000mgがあります。

500mg
1000mg

バルトレックス500mg:10錠

価格3,980円

数量

バルトレックス1000mg:21錠

価格10,980円

数量

バルトレックス500mg
  • バルトレックス500mgのシート表面
  • バルトレックス500mgのシート裏面
  • バルトレックス500mgのパッケージ
  • バルトレックス500mgの錠剤
バルトレックス1000mg
  • バルトレックス1000mgのシート表面
  • バルトレックス1000mgのシート裏面
  • バルトレックス1000mgのパッケージ
  • バルトレックス1000mgのパッケージ内容
  • バルトレックス1000mgの錠剤
お得なまとめ買い割引を利用する
内容量:10錠 値引率 通常価格 通販特価 1錠あたり ご注文
500mg × 1 3,980円 398円
500mg × 2 20%
OFF
7,960円 6,368円 318円
500mg × 3 25%
OFF
11,940円 8,955円 299円
お得なまとめ買い割引を利用する
内容量:21錠 値引率 通常価格 通販特価 1錠あたり ご注文
1000mg × 1 10,980円 523円
1000mg × 2 20%
OFF
21,960円 17,568円 418円
1000mg × 3 25%
OFF
32,940円 24,705円 392円

バルトレックスの概要

少ない服用回数でヘルペスを治せる新しい治療薬
従来薬と比べて半分の服用回数でヘルペス治療ができます。
ヘルペスに対して95.9%という高い有効性があります。
毎日服用することで60〜70%の性器ヘルペスの再発抑制が可能です。
帯状疱疹・水ぼうそうの治療薬としても高い効果を発揮します。

バルトレックスの適応症

バルトレックスの成分

バルトレックスは、バラシクロビルを有効成分としたヘルペス治療薬の先発品です。単純疱疹、帯状疱疹など、全般的に有効で、臨床成績では95.9%に効果がありました。従来薬と比較して、飛躍的に服用回数が改善されています。Glaxo Smith Kline(グラクソスミスクライン)社より製造販売されています。

バルトレックスの特徴

バルトレックスは従来薬の半分の服用回数でヘルペスの治療ができる

バルトレックスは、従来のヘルペス治療薬であるゾビラックスの弱点であった「服用回数の多さ」を克服するために作られた薬です。服用回数が従来の半分以下で済むようにバルトレックスは改良されています。
ヘルペスの治療時において、ゾビラックスでは1日5回の服用が必要であったのに対し、バルトレックスでは1日2回に改善されています。
服用回数は半分以下でありながらも、ヘルペスに対する高い治療効果は変わりません。

バルトレックスは、ゾビラックスの吸収効率を向上させることによって、服用回数を半分以下に減少させることを可能にしています。
バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内で代謝を受けた後、ゾビラックスの有効成分アシクロビルに変化するように作られています。
それにより、代謝による分解からアシクロビルが守られますので、成分の吸収効率が大幅に改善されています。

ヘルペスに対して95.9%という高い有効性があります。

ヘルペス治療におけるバルトレックスの有効性

バルトレックスは、ウイルスの増殖を抑制する作用によって、ヘルペスに対して高い有効性を発揮します。ウイルスの増殖が留められることで、病変部の拡がりや炎症の悪化が最小限に抑えられ、治癒までの期間を早めることができます。
日本性感染症学会の発表によると、本来の病期が2〜3週間である急性型のヘルペスに対し、投薬を行うことによって最短1週間での治癒が可能とされています。

ヘルペスに対するバルトレックスの高い有効性は、日本国内で承認時に行われた臨床試験によって実証されています。147人のヘルペス患者に対してバルトレックスを1日2錠(500mg)投与した結果、95.9%の人に対して病期の短縮などの有効性が示されました。

毎日服用することで60〜70%の性器ヘルペスの再発抑制が可能

毎日バルトレックスを服用するとヘルペス再発予防になる

頻繁に再発を繰り返す性器ヘルペスに対しては、バルトレックスを毎日服用することで再発予防を行うことができます。こういった再発抑制療法が国内で承認されているのは、バルトレックスによる治療のみです。
バルトレックスを毎日1回継続して服用することで、60〜70%の患者では再発を抑制できるとされています。

バルトレックスの服用を継続することで、治療中のみならず、投薬を止めた後のヘルペスの再発頻度も低下させることができます。
高頻度で再発を繰り返している方は、多くのウイルスが末端の神経細胞にまで潜伏していることが考えられます。末端の神経細胞には寿命がありますので、バルトレックスを投薬中に寿命を迎えた細胞のぶんだけウイルスの数を減らすことができます。

帯状疱疹・水ぼうそうの治療薬としても高い効果を発揮します。

帯状疱疹や水ぼうそう治療におけるバルトレックスの有効性

バルトレックスの抗ウイルス作用は、帯状疱疹や水ぼうそうに対しても有効です。通常では治癒までに3週間かかるとされている帯状疱疹・水ぼうそうを、バルトレックスは7〜10日ほどで治すことが可能です。また、バルトレックスにはウイルスによる神経の炎症を防ぐ働きがあり、痛みの症状を緩和する効果もあります。
帯状疱疹の治療においては、早めにバルトレックスの服用を始めることで、後遺症である神経痛を予防することができます。

バルトレックスの帯状疱疹・水ぼうそうに対する効果は、販売後に行われた使用成績調査によって証明されています。
帯状疱疹患者2,891例を対象に行われたバルトレックスの使用成績調査においては97.75%(2,826/2,891例)の改善率、水ぼうそう患者349例を対象に行われたバルトレックスの使用成績調査においては99.4%(347/349例)の改善率がそれぞれ見られました。

バルトレックスの効果

効能・効果
単純疱疹・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

バルトレックスは、性器・口唇ヘルペスや帯状疱疹、水ぼうそうの治療薬です。バルトレックスの効果によってウイルスの増殖や病変の拡がりを最小限に抑えることで、病期を短縮することができます。
突発的に起きるヘルペスや帯状疱疹への治療効果はもちろんのこと、再発を繰り返す性器ヘルペスへの予防効果も期待できます。

バルトレックスは、ウイルスのDNAの複製を阻害する薬です。DNAの複製を阻害することによって、ウイルスの増殖を抑制します。バルトレックスが、ヒトの細胞やDNAに対して悪影響を与えることはありません。

バルトレックスの効果について

バルトレックスの飲み方(用量・用法)

下記の用量を守って、水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

単純疱疹(性器・口唇ヘルペス)の治療 用量・用法
1回の用量 500mg錠の場合 … 1錠
1000mg錠の場合 … 1/2錠
(バラシクロビルとして500mg)
1日の服用回数 1. 治療の場合 … 2回(朝・晩)
2. 再発予防の場合 … 1回
服用する期間 1. 治療の場合 … 5日間
2. 再発予防の場合 … 最低3ヶ月
服用間隔 必ず12時間空けること
帯状疱疹の治療 用量・用法
1回の用量 500mg錠の場合 … 2錠
1000mg錠の場合 … 1錠
(バラシクロビルとして1000mg)
1日の服用回数 3回(朝・昼・晩)
服用する期間 7日間
水ぼうそうの治療 用量・用法
1回の用量 500mg錠の場合 … 2錠
1000mg錠の場合 … 1錠
(バラシクロビルとして1000mg)
1日の服用回数 3回(朝・昼・晩)
服用する期間 5〜7日間

性器・口唇ヘルペスの治療にはバルトレックス500mg錠が適しています。

バルトレックス500mg錠には、1箱の中に性器・口唇ヘルペスの治療に必要な5日分の薬剤が入っています。薬剤が残っている段階で症状が治まったとしても、自己判断での中断はせずに、必ず最後までバルトレックスを飲みきりましょう。但し、重い症状の見られる急性型のヘルペスにおいては、バルトレックスの服用期間を最大まで10日間まで延長することがあります。ヘルペスの発症が初めてであり、急性型のヘルペスの発症が疑われる場合には、バルトレックスを2箱揃えておくと安心です。

バルトレックスはウイルスの増殖を抑制する薬です。ウイルスの増殖が最も盛んに行われるヘルペスの発症初期の段階で服用を始めると効果が出やすくなります。再発を繰り返すヘルペスに対しては、患部にチクチクやムズムズなどの再発の予兆を感じた時点ですぐにバルトレックスの服用を始めるようにしましょう。

ヘルペスの再発予防では1日1回の服用

頻繁に再発を繰り返すヘルペスへの予防として服用する場合には、3〜6ヶ月ほどの継続的な服用によって、自覚症状はほとんど現れなくなるのが一般的です。日本性感染症学会のガイドラインにおいてバルトレックスは「約1年間継続し、投与中に再発がみられるようならば更に続ける」とされています。

帯状疱疹・水ぼうそうの治療にはバルトレックス1000mg錠が適しています。

バルトレックス1000mg錠には、帯状疱疹・水ぼうそうの治療に必要な7日分の薬剤が1箱に入っています。飲み忘れに十分注意して、1箱分の薬剤は必ず全て飲みきってください。

バルトレックスの飲み方について

バルトレックスの成分と働き

バルトレックスの有効成分が作用するイメージ

有効成分バラシクロビルがウイルスのDNAと結びついて複製を阻害します。

バルトレックスの有効成分バラシクロビルは、体内で代謝を受けた後、アシクロビルへと変換されます。
アシクロビルは、DNAを構成する物質の一つであるdGTPと非常によく似た構造をしており、ウイルスに感染された細胞内でリン酸化という化学反応を受けることでdGTPの代わりにDNAに取り込まれます。
dGTPと間違ってアシクロビルを取り込んでしまったDNAは、正常に複製が行えなくなります。

アシクロビルがDNAに取り込まれる際に行われるリン酸化には、感染された細胞内から誘導される酵素(チミジンキナーゼ)が必須です。ウイルスに感染されていない正常な細胞内ではリン酸化が起きないため、アシクロビルがDNAに取り込まれることがありません。

バルトレックスの副作用
<主な副作用>
頭痛、嘔気、眠気、下痢、腹痛、肝機能検査値の上昇など。
バルトレックスの主な副作用は、肝機能の低下によって引き起こされる頭痛や眠気などの症状です。バルトレックスは副作用が少ない薬ですが、腎障害、高齢者など腎機能が低下している可能性がある方の場合、精神神経系の副作用の発現率が高くなりますので、使用にあたって注意が必要です。
バルトレックスを服用後に眠気などの症状を感じた場合は、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作を控えてください。
バルトレックスの副作用について
バルトレックスの注意事項
<使用禁忌>
下記に該当する方は使用しないでください。
バラシクロビルあるいはアシクロビルに過敏症がある
<使用注意>
下記に該当する方は使用前に医師に相談してください。
腎障害、高齢者、妊娠中、授乳中
<併用注意薬>
下記の薬品を服用中の方は使用前に医師に相談してください。
プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン

バルトレックスの評価

4.33
とても満足
満足
ふつう
やや不満
不満

バルトレックスの口コミ・評判(3)

4 ヘルペスの薬を通販で

陰部にできたヘルペスの治療用にバルトレックスを購入しました。症状も欲しい薬もわかってたら通販で購入できるなんて使わないてはないですよね!ついさっきとりあえずバルトレックス1錠飲んでみました。効いてるのかな?

5 勉強になるサイトです。

帯状疱疹って、なんと小さい頃にかかった水疱瘡の生き残りウイルスによるものらしいです。ここのサイトで知った(笑)このサイトは詳しく書かれていて勉強になります。帯状疱疹はバルトレックスで無事に撃退することができました。

4 口唇ヘルペスの治療に購入

転職したら口唇ヘルペスになり、なかなか治らなくてストレスたまってるって会社に想われたくないしここで買ったら手っ取り早いかなーと思ってバルトレックスを買いました。期待以上に届くのも効果も早くて助かりました♪

口コミを書く
口コミの正当性を保つため、商品をご購入して頂いた方に限り、投稿が可能となっております。
サイトにログインをして、購入履歴をお確かめのうえ、口コミ投稿をしてください。

性病の薬カテゴリー

 
最近チェックした商品

まだチェックした商品はありません。閲覧した商品がここには表示されます。